身近な食材で目的別に酵素を摂取しよう

酵素関連の商品がとてもたくさん登場している昨今では、置き換えダイエットにおすすめされている類の酵素スムージーや酵素ドリンク、健康のための栄養補給にと酵素サプリメントや酵素ペーストなどとてもたくさんの酵素にあふれています。

 

酵素というと、よく広告などで見かけるあの芸能人も飲んでいる商品を買わなくちゃ、と思ってしまうひとも多いですが、とくにそのような商品化されたものですと、何種類の野菜、果物、野草、海藻を配合しているということばかりが強調されていたりします。また、美容にうれしいコラーゲンやヒアルロン酸なども配合されているとうたっていたりと、肝心の酵素の存在から目をそらせやすくなっていたりもします。肝心の酵素の恩恵を受けられないようなドリンクならば、普通の美容ドリンクや野菜ジュースで代用できてしまいます。

 

消化を助けてくれたり、代謝を助けてくれる酵素は、商品化されたものを購入しなくても、わたしたちの身の回りで十分に摂ることも可能です。そんな食べ物から酵素たちの助けを借りれば、もともと持っている消化酵素をたくさん浪費しなくても済むので、結果的にはそのおかげで代謝酵素のはたらきをより活発にでき、新陳代謝もデトックスも促されます。ですから、とくべつ美肌成分が配合されているような酵素商品を取り入れなくても、ちゃんと美肌になることができます。

 

そんな酵素がたっぷりの食べ物というと、生野菜やフルーツ、そして発酵食品がおすすめです。なかでも、相性のいい酵素の摂り方というのがあって、例えば高たんぱくのお料理には、タンパク質分解酵素が多いパイナップルやパパイアがぴったりです。また、炭水化物をたくさん食べたいときにおすすめの酵素の組み合わせは、でんぷん分解酵素が豊富に含まれている大根や山芋、キャベツなどがぴったりです。そしてダイエット効果も高い脂肪に効く分解酵素としては、味噌や漬物、納豆などの発酵食品がおすすめです。

 

サラダを食べる女性